runtrip」カテゴリーアーカイブ

Runtripという世界を創る。


2018年7月26日、オフサイト合宿にて。

スマートニュースを卒業しました。

ちょっとだけ充電期間を挟み、

2018年8月1日、株式会社ラントリップにジョインします。

https://runtrip.jp/

去年末から疼き出した心の叫びに、正面から向き合ってしっかり時間をかけました。
今の自分がすべきこと、残りの人生をかけて挑んでいくべきテーマ、そして家族と仕事。

自分勝手な使命に、気がついたら力強く背中を押されながら、そこに自然と紡がれるべき糸が集まり、確信という太い綱をたぐり寄せるようにたどり着いた世界がありました。

それは心の奥底から実現したいと願える世界であり、今までの人生の軌跡が線で繋がった世界であり、何よりも今最高にクールだと胸を張れる世界でした。

拭えない違和感。

毎日揺られる通勤電車の中に、時折違和感を覚えるようになりました。8割から9割の乗客が小さい画面に食い入るように”下”を向いているその絵面が、どうしても受け入れがたい世界になっていることに。そして、たまに目に飛び込むその画面上には、自らが関わるサービスが垣間見えることも多く、嬉しいと思う反面、便利になっていく世界を目の当たりにするにつれて、何か嬉し苦しい思いを募らせていました。もちろんそれは本当に余計なお世話で、電車内でも信号待ちでも、隙間時間があれば誰が何をしようがそんなの人の勝手なのですが、猫のように曲がった背中から伸びる斜め下の世界に、希望と同時に憎しみを積み重ねていきました。

ARにVR、自動運転とますます人体を怠慢にさせる力学が「イノベーション」と称されるテック界のトレンドのど真ん中にいるのではなく、もっと「意識」や「カルチャー」のレベルから、そんなトレンドにうまく寄り添える「人体」「健康」「心」を創っていくようなことをすべきなのではないかと。技術の進歩のスピードに、きっと我々の「身体」と「心」が周回遅れになりつつあるのだ、と。

走る、ということ。

そんな周回遅れなんてことを意識するはずもなく、私は10年ぐらい前から気がついたら習慣的に「走る」という行為を行うようになり、42.195kmを走ることもあれば、走るために海や山に週末出かけることもあれば、気晴らしに近所の河川敷を30分だけ走ることも、とにかくランニングが日常になっていました。気分が後ろ向きの時は走ることによって前だけを見つめ、辛くダークサイドに落ちそうな時も走ることに自分を奮い立たせ、断崖絶壁から這い上がってきました。おかげで風邪をひいたり体調不良で仕事に穴を開けることも本当に少ない方だと思いますし、辛いことも乗り越えてこれたし、毎日ご飯が本当に美味しいです(笑)

一方で、残念ながら身近にも、当然身近じゃない世界には、日々本当にたくさんの人が身体や心を崩し、一度失ってしまったものの尊さに絶望するような、そんな景色が広がっています。あるレベルまで崩してしまった身体や心というのは、簡単に取り戻せないのですよね。「健康」という言葉はありきたりでチープであまり使いたくないのですが、「心身ともに健康な状態」というのは空気のように当たり前であり、空気のように失うと致命傷になるんです。これは直近の人事という仕事を通じて、すべてを「人」というフィルターを通じて見つめ続けてきたからかもしれません。

だから、もっとたくさんの人が毎日少しでも”走る”ことによって(走ることでなくても、もっと心や身体に日常的に意識を向けることによって)救われる世界を創りたい。そう思うのは、私にとってとても自然な成り行きだったのです。

Runtrip -ラントリップ-


Runtripが入居するBLUETAGオフィス@自由ヶ丘

様々な選択肢を模索する中で、唯一話を聞いてみたい人/会社がありました。その会社は、日常的にスポーツを楽しむ人、もしくはスポーツなどによってもっと健康的な暮らしをしていきたいと思っている人々に、ランニングの楽しさ、そして”走ること”本来の自由な世界を提供することによって、もっと世界を幸せにできると本気で願っている4人のスタートアップでした。何よりも、そんな力強いミッションと、それを本気で果たさんとするチームが大切にしている価値観に惹かれて、気がついたらこの船の一員として大航海に出ることを決めていました(現在私を含めて7人になりました)。様々な選択肢の中で、小さいながらも大きな夢と野望をもった、スタートアップが好きなんだな。ただ、テック界のトレンドとか、様々な事業におけるギャップを埋めろとか、そんなもの関係なしに、今の自分が、残りの人生を賭けて取り組むべきテーマに、真っ直ぐに突き進んでいこうと思います。たぶんきっと、いや、我々が取り組んでいること、目指すべき世界、そしてそれを実現せんとするこの会社は、日本が世界に誇れる最高にクールなものになると信じています。何にも流されない、ピュアな想いと熱量こそ最も大事なすべての源泉だと信じて。

===

走ることが趣味なのですが、「好きなことを仕事にする」という感覚では全くなく、ただ「今の自分が、これからの自分が本気で社会のためになすべきこと」を突き詰めた結果なんだと思っていますし、そうでありたいと思う。そういったものに出会える、見つけられるというのもまた、幸せなことだと思っています。

最後に、今回の決断を許してくれた家族に、本当に感謝しています。

1人でも多くの笑顔をつくるために。毎日我々が笑顔でいれるために。

では、愛してやまないB’zの「MOVE」から最高にクールな一節をどうぞ。

===

何をとまどうの ボクは今? なんでもありの人生の中で
ひとりよがりの悩みなど
ほうり投げたら 醜態(しゅうたい)を見せよう
がむしゃらな日々は報われる
思いやり無きはバチ当たり
時の流れさえついてくる
自分で進みゃついてくる MOVE ON,MOVE ON,NOW

===