年末に箱根駅伝の山登り5区を走り切ることについて語るときに僕の語ること

いっぱしのランナーとして読んでおくべきマスト本というのがある。いや、どうやら色々とあるらしい。例えば世界中のトレイルランナーにとって大ヒットした「BORN TO RUN」を読んだことがないなんてマジ!?って感じだろうし、それ以前にそもそも日本人であるのにHARUKI MURAKAMI読んだことないの?マジ!?って私は言われてきました。

実は村上春樹はランナーとしても有名ですが、そんな彼のランナー必読の書「走ることについて語るときに僕の語ること」を今更になって手にとって読んでみました。中身としては彼がいかに小説家という職業、いや「生き方」にとってランニングが重要であるかを独特のリズムで書き記したエッセイみたいな本です。仕事のかたわら趣味で走り続けいている私としても共感する部分が多く、あぁ、もっとランニングを人生の一部として、仕事の一部として肯定していいんだなと、再確認してなんだか高揚しているのが今です。

さて、この村上春樹的高揚をひきずるのはこの投稿のタイトルまで。書きたいことは毎年年末に箱根駅伝の山登りのコース(5区)を死に物狂いで走ることについて、です。

そもそも箱根駅伝の5区とはどんなコースか

箱根駅伝は往路(1区〜5区)で大手町から箱根の芦ノ湖まで5人でタスキをつなぎ、復路でその逆をまた5人(6区〜10区)でつないぐ日本の正月恒例イベントですね。そう、5区というのはこの往路の最後、箱根の山登り区間です。

コースの詳細はRuntripという便利なサイトがあったのでこちらにまとめておきましたのでご覧あれ(箱根なんでもちろん温泉で締めます、最高です)


箱根駅伝5区からの温泉を年末に満喫するコース|Runtrip

ちなみに私がいつも走るのは交通とロッカーの便から、実際の5区の最初の2kmぐらいの平坦な道を端折ったコースです。箱根湯本の駅から出発すると、はじめから悲しいぐらいにひたすら登りです。こんな感じです、辛いです。これをノンストップで芦ノ湖まで18kmを走り切ります。

走る人に共通しているであろう特性に関して

人は誰しも異なる。人種や性格、趣味や仕事。スポーツを積極的にやる人もいればそうでない人も、球技が好きな人がいればたんたんと走るだけのランニングが好きな人もいる。このダイバーシティというのはすごく大前提で人付き合い、物事を考える上ですごく重要なのですが、そんな中で「ただひたすらに走る」ということをまぁよくも飽きずに続けている人というのは、やっぱり何か共通点があると思うのですね。

結論としては、「自分に対して負けず嫌いな人」なんだと思います。誤解を恐れずいうと、何かのフィールドで1番になりたいとか、競争相手をすごく意識して打ち負かすことにすごく情熱が傾く人、ではない。自分がこれと信じたものに対して魂を削ってコツコツ磨いていく、そういった美学を持っている人な気がします。かっこよく言うとなんですが。

走ることの圧倒的な特徴としては「自分に対する”なぶり殺し”」みたいなもので、圧倒的な孤独の中でとにかく自分の意識がほぼ100%自分の内側、心に向かってきます。辛くなればなるほど、「あ〜しんどい」とか「なんでこんな辛い思いしてんだろ」とか「ぎゃ〜早く終えてビール飲みたい」と考えます。これが他のスポーツだと「相手の動き/心理」「ボールなどの対象物」に自分の意識が向かいますよね。そういった対象物が自分しかいないので心の逃げ場が無い。だからひたすら自分と向き合う、鏡越しの自分がずっと走っている最中にこっちを見てくるのでそいつをぐっと睨み返して歯をくいしばり続けるのがランニングという苦行と言えるでしょう。

自分を睨みつける自分を正していく

そんな変態的な「走る」という行為なのですが、ずっと走り続けているとそんな自分との付き合い方がうまくなっていくんです。これがより長く、より速く走れるようになるということなんだと思います。鏡越しにずっと覗いてくる自分を睨み返すことはせず、まぁまぁまだイケるっしょ、苦しくないよもっと頑張ろうぜって、クールにいなし続けることができるようになってくるのですね。そうやって自分という心と向き合い続けることで、「走ること」を通じて随分人間として鍛えられたなと、走り続けてきて思います。健康面の恩恵はもちろんですが、それよりも心を鍛えてもらえるのが「走る」という行為なんですね。

ちなみに筋力トレーニングやランニングマシーンを利用した有酸素運動でも同様なことが言えそうですが、やっぱりロードやトレイルを直に走って、流れ行く街並みや自然を受け入れたりくぐりぬけたりして5感をフル活用する「走る」という行為には、身体にも脳にも心にも、何か特別なものがあるような気がしてなりません(実際には科学的に証明されているものがたくさんあるのですが、ここでは割愛)。

箱根の山は天下の険

そんな「走ること」の1年の集大成として箱根の山を登り切るというのが、まぁなんとも爽快なんです。書きたいことはただそれだけです。ただひたすら曲がりくねったロードを駆け上がる、真冬の箱根なんて下手したら氷点下になります。走り続けて登り切るのは本当に辛いのですが、ひたすら15kmぐらい登り続けて、この上の写真にある国道1号線の最高地点(874m)まで登りきった時の「あぁ、今年もなんとか走り切れた」という安堵感と、そこから一気に降って芦ノ湖のゴールに向けて走る疾走感がまた最高なのですよね。その後に温泉&ビールも待っていますしね。年の最後に、苦行を通じて自分の成長を噛み締め、自己肯定してあげる作業です。

ちなみに去年は圧倒的に走量が例年より足りなかったのですが、例年と同じペースで走りきることができました。明らかに実感したのは「弱い自分との付き合い方」が昔に比べてうまくなったなぁということでしょうか。年齢を重ねて基礎体力が落ちてきても、こうやって心を育てて、自分の心との並走の仕方がうまくなっていくことによって、いくらでもまだまだ向上していけるのですよね。何事も。

走ることから学ぶことは、かくも尊いのでございます。

毎日最低30分、未来の自分へ投資し続けるという習慣について(英語学習編)

もはや年末に1回しか書かないブログになっていますが、全く書かないよりマシ。ということでなんか書いてみようと思います、せっかくなので年末年始っぽいネタです。

年末年始に新年の目標を立てる人も多いでしょうし、そして毎年続かんなぁ、達成できなかったなぁという人も多いでしょう。何かをコツコツ続けて成し遂げたい、そういった場合は「習慣化」する以外道は無いと思います。ダイエットとか禁煙とか(タバコ吸ったことないですが)、英語学習とか。

そう、今回は日本人が大好きな「英語学習」に関して書きます。これにおいても、大事なのは英語学習そのものよりもむしろ「いかに習慣化するか」だと考えています。今風にいうと、「ルーチン」ですね。寝る前に歯を磨くように。タイトルに英語学習編と書きましたが、それ以外の「編」を書くつもりはありません、ネタもありません、念のため。

私は英語学習を約2年前から本格的に始ました。以来、基本毎日仕事の始業前に30分の英会話は未だに欠かさず続けています(土日は除く)。お陰様で英会話力は底辺に近いレベルでしたが、それなりに会話できるようになりました(当然ビジネス英語レベルではないです)。

で、じゃー実際何をしたか。実は約1年前に社内に共有したドキュメントがあるので、ほぼそれをコピペで参照して紹介しますね。

1. 英語学習はマインドセット

  • 英語学習はサボろうと思えばいくらでもサボれる
  • かつ、いきなり開花しない、コツコツ時間がかかる
  • なので何をどのように学ぶか、よりもどうやってサボらず長く続けられるかの方が大事
  • その上でコツは、デイリーのルーチンに組み込んでしまう
    • 新たなルーチンを作る
    • 既存のルーチンに絡める
  • そしてもう一つ大事なのがゴールを設定する
    • ゴール達成に不要なことはやらない
    • あれもこれもやっていたら時間がない(我々は学生ではない)

ちなみに、後ほど紹介する英語学習のpodcastで紹介していた以下3つのマインドセットが何より私にはグサッとブッ刺さりました。

  • 1. You have to SPEAK English, find someone to SPEAK English
  • 2. FIXED TIME every day when you study, learning Language is just working very hard
  • 3. You have to find the way to make it PART OF YOUR LIFE, start integrate English in your life

2. ゴール設定

ではそんな自分はどんなゴールを設定したのか。英語学習ほ本格開始時、つまり2015年末に私はこんな目標を設定しました。

  • GOAL. 1 : 2016年中に海外ビジネストリップに一人で自信を持って行けるようになる
  • GOAL. 2 : 英語の商談に突然突っ込まれてもビビらないようになる

よって、SpeakingとListeningを学習の中心に据え、Read & Writeは捨てました(この世の中にはGoogle翻訳という革命的なツールがあります)。

3. ルーチンに組み込む

英語を話すルーチン

平日始業前の9:30〜10:00、一心不乱に毎日レアジョブをやる。

  • 一番重視したのは英語を話す練習から逃げないこと
  • ゆえに、日々の英語学習の中で、この朝の30分がすべての中心
  • 夜の仕事の付き合いも含めて定期予定が組め無いので、確実に毎日組める朝に設定しました、始業前がベストですね
  • レアジョブTIPS
    • 最初はとにかく色々な講師(ビジネス認定講師に絞る)を受けて、楽しく話せる人ではなく間違いを正してくれるややガチな人を探してブックマークリストを作る
    • そのブックマークリストが10名ぐらいたまったらそのリストのメンバーで毎日の予定を埋める
    • 毎回レッスンが終わったら翌日の予定を必ず入れる、盲目的に毎日淡々とやる
    • 教材は「Daily news article」を使い、読んで話す、質問に答える、記事の内容に意見を言う、ということを毎日30分
    • 教材は行きの電車内で予習
    • レッスン中出てこなかった語彙は後ほど復習(evernoteにmemoっておいて後でまとめてやったり)
    • 話すはの日々のインプットがあってこそ、なので、この朝の30分のために他の時間を使ってインプットする、というイメージです
  • 予習/復習なく毎日楽しくお話しするだけだと、話すことには慣れるけどなかなか上達しないなという印象です
  • ちなみにレアジョブを軸に書きましたが、当然他の英会話レッスンでも良いと思います。実際直近1年は私は別のサービスを利用していました。繰り返しますが、どんなサービスを使うか、よりも習慣化してとにかく逃げないという方がはるかに大事ですね

英語を聴くルーチン

通勤中、移動中に一心不乱に英語を聴く。

  • 私は通勤で約60〜90分は集中して英語を聴く環境を作れたので、毎日これをやりました
  • 先ず最初にノイズキャンセリングヘッドフォンを買いました。特に通勤時のListening学習には必須。Bose QuietComfortシリーズがベストですね。今ならオススメは迷わずQuietControl 30 wireless headphonesでしょう
  • 当たり前ですが、Facebookなど見ながら英語のヒヤリングに集中できていない時間はカウントしません。流して聴く、というのは個人的に全く意味が無いなと思います。
  • あと大事なのは何を聴くか、ですが、幾つかの視点で以下3つを聴いています、ポイントは一石二鳥です。

オススメ1:NHK WORLD RADIO JAPAN

  • 内容:NHKの国内ニュースを英語で紹介してくれます、たまに噛みますが何事もなかったかのように進行していきます。
  • 目的:世界の時事ネタで基礎的な語彙を学び聞き取る、レアジョブで選択している教材も時事ネタなので、ここでの学びが生きます
  • 聞き取り難易度:初級
  • 尺:5分〜10分

オススメ2:All EARS ENGLISH

  • 内容:英語学習専用podcast、毎回一つの英語トピックに対して今のネイティブのリアルな使い方を学べます
  • 目的:ホスト2人の良い意味で教科書的ではないリアルな会話と、毎回英語自体のトピックを学べるので一石二鳥です。トークの速度はゆっくりではないですが、かなりハキハキ喋ってくれるので聞き取りやすいです
  • 聞き取り難易度:中級
  • 尺:10分〜20分

オススメ3:WSJ Tech News Briefing

  • 内容:WSJのtechネタpodcast
  • 目的:最新のTechネタをインプットしつつ、英語のListeningの勉強ができる一石二鳥
  • 聞き取り難易度:上級
  • 尺:5分〜10分

語彙を学ぶルーチン

週末に単語カードを大量作成、平日の通勤時間にひたすら覚える。

  • 英語学習コースで有名なプレゼンス創業者の杉村太郎氏の単語カードメソッドをやりました
  • 話す、聴くにも語彙力が無いと何も始まらないので、すべこべ言わずに作り続け学び続けました
  • 単語学習に関しては我が師のこのブログがストイックで好きです
  • このメソッドのお気に入りは大きめのカードを使い、例文も書き込むところ。単語だけを覚えるというのは30越えた自分にはキツイので、とにかく短い文章を作って書いて、その文章単位で覚えました

===

他にも細かいネタはあるのですが、書き出すとキリが無いのでこの辺まで。ちなみに来年はこの30分の未来投資はもっと心身の健康に関することに使おうかなと思います。スキルも大事ですが、すべての土台は健康な心と身体。もともと走るのは好きですが、それはいつもやってるのでそれ以外だと現状YOGAが最有力。スマホに音声アシスタントにAIにARにVR、人類史上最もなまける時代に突入していくので、それを操る人類は意識的に身体動かさないと本当にやばいと思います。この辺は、また別の機会に。

では、良いお年を!

スタートアップで人事をやるということ。

smartnews_office

今年の10月から人事をみることになりました。

社会に飛び出て10年間、ひたすら前線でサービスを作ってきた身としては、感慨深いターニングポイントである。

現職に来て今月で丸3年、朝から晩までユーザー体験、グロース、セールスばかりを考えていた時代は一気に過去のものとなりました。実は「人事」という肩書きは一番持ちたくない肩書きだったのですが、そういうものを一切置いておいて、スタートアップの環境において人やチームに働きかける仕事という意味や意義、自分なりに思うところが書ききれないほどあるので厳選して書き残しておきたい。あ、今は毎日楽しく、エキサイティングに人事っております。

良いモノづくりがしたいから、ヒトに働きかける

私は自社のサービスが大好きである。そこに惚れ込んで今のチームに飛び込み、はや3年。創業期のスタートアップは、スキルの幅が広く何でもそこそこできてしまう人が望ましく、かつ主体的・自主的に動ける人、スタートアップ特性とでもいいましょうか、そういう人の集まりです。次第に拡大フェーズでより専門領域に優秀な人が入ってきて分業体制が築かれるわけですが、今のフェーズにおいて、私は前線でものづくりするより、一歩引いて間接的に人に働きかけたほうが結果的にプロダクトのグロースに貢献できるようです。よく言うヒト・モノ・カネの経営資源でモノ・カネは簡単には倍にならないですが、ヒトのやる気は簡単に倍になったりするのですよね(逆もしかり)。そういったヒトの機微、空気作り、そういったものに対する感度が、バランサーでボランチな自分の性分に合っているなと。良いモノづくりをするために、ヒトに働きかけることにしたのです。

創業者の強みを生かすための人事

語弊を恐れず言うと、スタートアップを起こそうなんて人は(そして実際成功させるような人は)基本的に頭がイカれている。リスクテイカーで、死の谷よりも情熱の矛先が向いている何かが彼らを突き動かしている。24時間365日、プロダクトのことしか考えていない。つまり、バランスが悪くて人間持ちうる能力のパラメーターは偏って振り切れている。だからこそイノベーティブで、愛すべき人で、圧倒的な強みがある分、圧倒的な弱みがあるそしてそれを補い合うためにチームを組むのですよね。まずここの理解がないと、スタートアップの人事というのは務まらないんじゃないかと思います。

創業者はプロダクトを創り、事業を創ることに秀でた人種であることがほとんどで、本質的にはそこに彼らのリソースを集中させることがチームとしてはヘルシー。ただ、人や組織の問題は大小あれど必ず発生し、ネガティブな問題ほどフォーカスが当たってしまい、肝心なプロダクトや事業に十分なリソースを投下できないことは日常茶飯事、ザ・スタートアップ。とは言え、スタートアップの創業者は基本的に優秀で超努力家なので、下手なメンバーに任せるよりは自分でやったほうがうまくできてしまうから、得意なことにフォーカスできないというジレンマも発生するのですね。だからこそ、スタートアップの人事は人事(ひとごと)に関しては、創業者に背中を預けてもらう努力が必要なのだと思います。

人事はキャリアではない

人事界隈の交友を広げていくとたまに、「サイバーエージェントの曽山さんみたいになりたい」という謎のキャリア志向の方をお見かけする。もちろん会社の規模やフェーズによってそういう方々が活躍するフィールドはあると思いますが、少なからず少数スタートアップにおいてこういう人はワークするのだろうか。自分の事より一人ひとりのメンバーの事情が最優先、自分のキャリアを築く前に良いチームを築くことに全力を注ぎたいなと思える人がいいですね。キャリア志向の人事が悪いことは無いですが、人前で宣言するような内容では無いなぁとあらためて思います。また、採用PRでメンバーより自分を露出させてしまうような人は、やはり本質的には向いていないんだろうなと思います。ただでさえ採用の現場に巻き込んだり、個の存在感が大きなスタートアップにおいて、そういう覚悟がなければ間接部門の人事はきっと信頼も得られ無いでしょう。サンフランシスコオフィスにHR領域で私のメンター的な(勝手に慕っている)メンバーがいるのですが、彼の発言が本質をついていると思います。

My concern is all of yourself! (わたしの興味/関心ごとは君がすべてだよ)

メンバーに対するAttentionが、人事ができる最大のGIFTだということですね。

トレンドに左右されないスーパーニュートラル

スタートアップの特徴は変化とスピード。刻一刻と会社の状況やフェーズが変わる中で、必要な打ち手はどんどん進化していきます。最近なにかとHR業界は賑わっているようで、「採用において”リファラル”が重要だ!」「ATSの導入で採用を効率化しよう!」「HR Techの観点から次はVR採用!」「人事領域のデータ活用でこんな成果がでた!」などなど話題が盛りだくさん。当然参考にすべき点はおおいにありますが、隣の芝生は面積も違えば育ちも違うもので、大切なのは「How」ではなくて「Why」。自社の採用や組織における課題が何で、その特有な課題に対してどんな手段が本当に効果的なのか。必要なのは一般解ではなく、特定の文脈における特殊解です。崇高で壮大な人事・採用戦略よりも、目の前の人事(ひとごと)を解決するための戦闘力です。制度など空爆的な解決ではなく、個別事情を勘案した泥臭い局地戦です。データ活用やHR Techよりも現場の空気を読む力です。当社の場合はデータをこねくり回す規模では無いですし、ATSよりSpredSheetの柔軟性が大事です。ちなみに当社の採用チャネルの7割はいわゆるリファラルですが、それはエンジニアカルチャーとカルチャーフィットを重視する当社の本質を勘案すると、社員紹介という手法が一番リーズナブルでサステイナブルだったということです。

特に採用以外の人事(ひとごと)というのは、人を対象とした現場力であり人間力。TechCrunchを追ってモノ・カネの話題やノウハウは学べても、ヒト事は一切出てきません。いかにニュートラルポジションで打ち手を考えられるかが本当に重要な人事力な気がします。

===

そんなわけで、まだまだひよっこ人事ですが、全力で優秀なメンバーと出会いたいと思っていますので宜しくお願いします。
↓↓↓
募集職種一覧|スマートニュース